ビジネスの現場で必要なコピー機のリースの会計的特徴

ビジネスの現場に必要な設備や備品の代表例としてコピー機が挙げられるでしょう。

コピー機がなくても、ある程度パソコンとプリンターで対処できますが、大量のコピーをする場合や電子データとして大量の書類を読み取る場合などは、ビジネス専用の大き目のコピー機を導入する方が作業を効率化できるはずです。



しかし、購入するとなるとかなりの金額を要しますので、多くの場合リースという仕組みが活用されることが多いようです。リースでコピー機を導入した場合の会計処理を理解するためには、ファイナンスリースとオペレーションリースの違いを理解しておく必要があるでしょう。

最新のコトバンクの最新情報ならこちらを参考にしてください。

ファイナンスタイプは、簡単に言うと、購入して分割払いする会計処理と同じ方法で処理するものです。
契約を途中で解約することができず、期間終了後は買取権があり、期間に応じて支払う料金の総額が購入した場合とほぼ同等である等の一定要件を満たした場合はファイナンスタイプに分類されます。

また、ファイナンスタイプ以外のものをオペレーションタイプと呼んでいますが、オペレーションタイプの場合の会計処理は、レンタル料の支払いと同様の処理を行うことになっています。

つまり、借りているコピー機本体は資産にカウントすることなく、家賃の支払いと同様に期間発生したリース料を単純に必要経費や損金として処理する方法を取るのです。
職場に導入する場合は、この会計処理に関する知識も知っておくといいでしょう。

有名なコピー機のリース情報が探せます。